読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカン節約記

在米邦人のための節約情報

節約よりも大切なこと

photo by agitprop

こんにちは、アメリカ節約情報 (@amesetu) です。

今回は、節約についての考え方の話です。

アメリカにも進出しているカレーチェーン「CoCo壱番屋」が廃棄を依頼した冷凍カツが転売されていたことが日本で大きなニュースになっています。

事件の原因についてはいろいろと解説なされていますが、一銭でもコスト削減したい企業と、一銭でも稼ぎたい企業の思惑が悪い意味で合致してしまい、食の安全などを蔑ろにする事件が起きてしまったわけです。

こういうのを見ていると、「節約」もしっかり考えて行わないとなーと改めて思います。わたしたちは、決して営利企業ではありませんが、それでも「何のために節約するのか?」を見失うと、本末転倒な行動に出てしまいかねません。

節約の目的は?

例えば、爪に火をともすような生活をして節約した結果

  • 不健康な生活
  • 極端に時間がない生活
  • 大切な人との時間がない生活
  • 不便な生活

など、結果として「幸せじゃない」状態になってしまったらどうでしょうか?

節約を考える理由は人によってさまざまなのですが、わたしの場合は、あくまで「真に豊かに生きるため」に節約をしたいと思っていますので、それによって不幸になるのは本末転倒です。

節約を通じて達成したいこと

わたしは「節約」というキーワードでブログをやってはいますが、真に興味あることは、ひたすら出費を減らすという意味での節約法ではなく、お金に関する知恵(ファイナンシャル・リテラシー)であり、いかにお金と賢くつきあい、豊かに生きるかという方法論です。

人生のなかでは、出費を切り詰めるべき時もあれば、思い切った出費をするべき時もあります。その見極めのために、お金に関する知恵をつけることが必要だと思っています。

日本にいた時は、ファイナンシャル・リテラシーなんて全然興味がありませんでした。恥ずかしい話ですが、自分がいくら稼いで、いくら使っているのかもわからないまま、適当にお金を使っていました。投資やクレジットについても、まったく知識がありませんでした。

しかし、アメリカに引っ越し、家族と離れて住む外国人として、自立して生きていかなければいかないという状況で、徐々に(必要にかられて)、節約やお金に関する興味が生まれてきたものです。

これからも「節約」を通じて、アメリカ生活を強く賢く生き抜くためのTIPSを皆様とシェアしていけたらと思っております。

どうぞ、よろしくお願いします。