アメリカン節約記

在米邦人のための節約情報

経済的自由と早期引退を目指せ!アメリカで今熱い節約哲学「FIRE」とは?

こんにちは、アメリカ節約情報 (@amesetu) です。ブラックフライデー、サイバーマンデーな今日この頃ですが、皆さま節約してますか?

めちゃくちゃ久しぶりのブログですが、今日は、最近注目を集めている「F.I.R.E.ムーブメント」について紹介します。

FIREムーブメントとは?

F.I.R.E. (FI/ER)とは、Financial Independence, Retire Earlyの略で、経済的な独立と、早期引退を目指すものです。厳密には「FIRE=節約術」ではないですが、経済的な独立と早期引退は、結局、支出が収入を下回っていればできるので、「節約」はFireムーブメントの重要な一角を占めているわけです。Fireしよう!と決めた人はかなりアグレッシブな節約をして、引退のための資金を貯めています。そして、引退した後は、収入の範囲内で暮らします。タイニーハウスムーブメントとかと、繋がってますね。

収入については、給与所得から投資所得への移行というのが重要なポイントです。

なんだかんだ言いつつ、株式市場が好調だったからこそ、そこに突っ込んだ人たちは「食べていけてる」わけで、今後株式市場が弱くなると、今現在FIREしてる人たちの多くが言及しているインデックス投資を中心としたフォーミュラが通用しなくなる可能性はありますね。賃貸向け不動産投資とか、色々方法はありますが…。

日本語でFIREムーブメントを紹介している記事

以下、日本語でFIREムーブメントについて紹介してある記事をいくつかあげておきます。←自分で書けよw

英語のFIREブログ

まとめ

以上FIREの紹介でした。本ブログでも今後少しずつ紹介していきます。

今はまだアメリカの事例や考え方紹介が多いのですが、そのうち、ミニマリスト界隈とか、高知あたりで実践者としての目線からこういうこと言い出す人が出てきそうな気がします。ぶっちゃけ、わたしも物質的な意味で贅沢したいという思いはほとんどなく、「仕事のストレスなく、楽しくのんびりやりたいことに時間を使って生きていきたい*1」と言うタイプなので、FIREを達成した人たちのライフスタイルを見てると憧れます。

また、節約術の新ネタもボチボチ更新する予定です。気長におつきあいください!

Happy saving!!

*1:実はこれ自体がとても贅沢なことなんですよね