アメリカン節約記

在米邦人のための節約情報

LA市長・低所得者向けにベーシックインカムを提案

Breakin LA

LA市長がエリック・ガーセッティが低所得者向けにベーシックインカムを提案した。このプログラムは、BIG LEAP(Basic Income Guaranteed: L.A. Economic Assistance Pilotの略)と呼ばれ、予算は24ミリオンドル。2,000世帯に対し、12ヶ月間、1,000ドルの小切手を配布し、用途は問わない点で、フードスタンプなどと異なる。*1

ベーシックインカム制度は、既存の社会福祉制度を受けるには収入が高すぎる低所得者層たちの助けになると言われる一方、勤労意欲そそぎ、使用用途に制限がないことから、受け取った財源が不適切に使われる気k先生があるなどとの批判がある。これまで、10を超える全米の地域で小規模な実験と検証が繰り返されてきた。

アラスカでは、1982年以来、市民に対し、年間1000ドルから2000ドルのチェックを配布し、ノースカロライナ州のチェロキーインディアン居住地では、年間4000ドルから6000ドルの小切手を配布している。

2019年2月当時、カリフォルニア州ストックトンの市長だったマイケル・トッブズは、Stockton Economic Empowerment Demonstration (SEED)というプログラムをたちあげ、市民の収入の中央値に満たない層から無作為に選んだ125名に対し、1年間月500ドルを配布した。財源は寄付だった。その結果を調査したところ、就業率は向上し、彼らの財政的、身体的、精神的健康状態は改善したという。*2

コンプトン市は、3ヶ月ごとに1800ドルを配布する計画が発表され*3、オークランド市長は、600の低所得世帯に対し月額500ドルを18ヶ月間配布する「guaranteed income」を発表した。予算は6.75ミリオンで、財源は個人的寄付。*4

The War on Normal People: The Truth About America's Disappearing Jobs and Why Universal Basic Income Is Our Future (English Edition)

2020年の大統領両選挙予備選に出馬したアンドリュー・ヤンは「すべてのアメリカ市民に毎月1000ドルの配布」のワン・イシューで。また、個人的に10世帯を選び、1000ドルの小切手を送付していたという。現在ニューヨーク市挑戦に出馬中で、リードが伝えられいるアンドリュー・ヤン。彼が当選すれば、再びベーシック・インカムをめぐる議論が過熱しそうだ。

ベーシックインカムへの道

ベーシックインカムへの道

アメリカで家を買う!全体的な不動産購入の流れ

アメリカで不動産(一戸建て・マンションなど)を購入する時の流れをいかに記載しておきます。

・不動産を探す ・オファーを入れる ・レンダー(ローン会社)を探す(現金一括購入の場合は不要) ・オファーが通る ・エスクローが開く ・保証金を振り込む ・もろもろ手続き(インスペクション・アプレイザル・ローン審査・住宅保険の選定など) ・エスクローが閉じる(買い主が頭金残金をエスクロー会社に支払う・またローン会社から家の金額がエスクローに支払われ、売り主に家の金額が入る)

自分用メモです。

登場人物は以下の通りです。

・買い主 ・売り主 ・買い主エージェント ・売り主エージェント ・タイトルカンパニー ・レンダー(住宅ローン会社):住宅ローン(モーゲージを使う場合)

「株式投資」と「仮想通貨」の民主化を目指したロビンフッドとコインベースが株式上場予定

ども、アメリカ節約情報 (@amesetu) です。最近節約だけじゃなくて、節約して得た余剰資金を「投資」に回そう!というコンセプトのもと、投資の勉強をコツコツとしております。

インターネット掲示板Redditに集った個人投資家(retail invester)がヘッジファンドに一泡吹かせた「Gamestop株事件」は、株式投資の歴史に刻まれ、さっそく、これを取り上げた記事やドキュメンタリーが生まれています。今後、映画にもなるかもしれません。この「株式投資のフランス革命」を可能にしたツールのひとつが「ロビンフッド」という投資アプリです。

このロビンフッドは、Gamestopの株が急上昇した際、ブローカーとして必要なデポジット学を確保できないとして、一時的にGamestopの株購入動作ができないようにブロックをかけたところ「個人投資家の権利を侵害しているのでは」と大騒ぎになりました。これによって、集団訴訟の訴えも起こり、一部のロビンフッドユーザーは「もうロビンフッドは使わない」とサービスの移行を呼びかけています。

ロビンフッドは、「投資の民主化」を掲げ、手数料無料で株式取引を可能にする、という業界のディスラプターです。Charles Schwab, E-Trade, Fidelityなどの競合他社はロビンフッドに追随することを余儀なくされました。ロビンフッドは2021年にIPOを予定しています。

もう一つ、ファイナンス系で注目するべきなIPOが仮想通貨と保管サービスを提供するCoinbaseです。Coinbaseは、ビットコイン、イーサリウム、などさまざまな仮想通貨を取引できます。現在仮想安価な株式公開方法である「ダイレクト・リスティング」を利用して、ナスダックに上場する予定です。2018年には日本法人も設立されています。

2021年全米で不動産がアツい都市はどこ?

ポスター アメリカ 地図 GN-0757

さまざまな団体が今年、不動産が値上がりするであろう米国の地域を発表しています。

どの調査でもテキサス州「オースティン」は確実にアツい都市であることは間違いありません。また地域でいうと「スーパーサンベルト」と言われる地域がアツいとされています。オースティン、タンパ、フェニックスなどはすべてここに含まれています。

zillow

アツい地域

  1. テキサス州オースティン
  2. アリゾナ州フェニックス
  3. テネシー州ナッシュビル
  4. フロリダ州タンパ
  5. コロラド州デンバー

冷え込む地域

  1. ニューヨーク州ニューヨーク
  2. カリフォルニア州サンフランシスコ
  3. カリフォルニア州ロサンゼルス
  4. ペンシルベニア州フィラデルフィア
  5. ミネソタ州ミネアポリス

Austin Expected to be Nation’s Hottest Housing Market in 2021, Leading a Sunbelt Surge - Zillow Research

pwc

アツい地域

  1. Raleigh/Durham
  2. Austin
  3. Nashville
  4. Dallas/Fort Worth
  5. Charlotte
  6. Tampa/St. Petersburg
  7. Salt Lake City
  8. Washington, DC–Northern VA
  9. Boston
  10. Long Island
  11. Atlanta
  12. San Antonio

Emerging Trends in Real Estate® 2021: PwC

サムソンが米国内にさらなる工場建設を検討(TXに引き続き、NY・AZ?)

Samsung microSDXC カード 256GB EVO+ Class10 UHS-I U3対応 最大読込速度 100MB/s MB-MC256HA サムスン純正アダプター付 [並行輸入品]

韓国サムスン電子が、米国に17ビリオンをかけたチップ工場合計4箇所を建設するためにリサーチを進めています。すでに、テキサス州オースティンに工場がありますが、こちらを拡張することに加え、2月26日に発表された書類によると、オースティン市と、トラビス郡に対し、今後20年間にわたり、1.48ビリオンドルの税削減を要求しています。

サムソンは、上記のテキサス工場に加え、現在ニューヨーク州に1箇所、更にアリゾナ州内に2箇所を検討中です。アリゾナ州、ニューヨーク州ともに、プロパティータックスを削減するほか、巨額の助成金や税クレジットなどを提供しているそうです。テキサス州に提出された書類によれば、サムソンの工場は合計で約1,800の雇用を創出するとのことです。

テキサス州オースティンのサムソン工場は2021年2月にテキサス州を襲った寒波による大規模な停電から未だ復旧しておらず、全世界の半導体生産に影響が出ていると言われています。

www.reuters.com

www.kvue.com

アメリカで使える日系格安スマホ

前回は米系キャリアの格安スマホや、プリペイドプランを紹介しました。今回は、アメリカで使える日系の携帯会社を紹介します。留学生や駐在員の方に特におすすめです。

日本語対応、日本でお受け取り可能、

ハナセル(HanaCell)

https://www.hanacell.com/

ハナセルは、月9.99ドルからある格安スマホです。13年間の実績があるようです。月9.99ドルは格安なのですが、高速データ通信2GBに通話し放題をつけると月49ドルになるので、米系キャリアよりは少し高くなります。

  • 日本への配送をしてくれる
  • 日本語のサポートがある

点などはよいと思います。

アメスマ

https://amesma.net/

アメスマは、2GBの高速データ通信に、通話し放題がついて29.99ドルになるので、ハナセルよりも安いです。データ無制限にしても39.99ドルと安いですし、データが無制限出ない場合も、音楽や動画などのストリーミングは無制限でできるようなので、これは米系メジャーキャリアよりもお得かもしれません。回線は T-mobileのサブキャリアです。

H2Oワイヤレス

https://h2owirelessjapan.com/

H2Oワイヤレスは米系サービスなのですが、日系向けサービスを展開しています。H2Oは5GBの高速データ通信に、通話し放題がついて30ドルです。これは、アメスマとほぼ同額ですが、月のデータ量が多いので(2GB vs 5GB)、月のデータ5GB程度でいいや!という人にはぴったりかと思います。

また固定電話への国際電話が無料という特典もあります。

ソフトバンク「アメリカ放題」

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/america-hodai/

ソフトバンク「アメリカ放題」は、日本でソフトバンクを使っている人向けのサービスです。アメリカ国内通話、日本への国際電話、日本からの受電、テキスト、データ通信が全て利用し放題になります。アメリカでイチから携帯の契約をする必要がないので、短期滞在の方や、日本の携帯番号をキープしておきたい方におすすめです。

体験談

「アメリカン節約記」では、実際にこれらの日系携帯サービスを使ってみた皆様からの体験談を募集しています。以下のフォームからお寄せください。

アメリカ格安携帯プリペイドプラン比較(AT&T、Verizon、Mint)

アメリカ格安携帯比較

ども、アメリカ節約情報 (@amesetu) です。

前回Mint Mobileを紹介しましたが、他キャリアのプリペイドプラントを比較したので、比較しやすいようこちらにまとめておきますおきます。VerizonやAT&Tなどトップティアーのキャリアも、複数月をプリペイドすることで、大幅な割引が受けられます!

Mint Mobileのプリペイドプラン

3GB 8GB 12GB
初回3ヶ月 $15/月 $20/月 $25/月
3ヶ月更新 $25/月 $35/月 $45/月
6ヶ月更新 $20/月 $25/月 $35/月
12ヶ月更新 $15/月 $20/月 $25/月

Mint Mobileについてはこちらをどうぞ。年間で契約するのなら、断然安くなります。

Verizonのプリペイドプラン

5GB 15GB Unlimited
1〜3ヶ月 $40月 $50/月 $65/月
4ヶ月目以降 $30/月 $40/月 $55/月
10ヶ月目以降 $25/月 $35/月 $50/月

クレジットカードで自動支払設定をすると、毎月$5のクレジットが貰え、事実上割引になります。

自動支払いの時 5GB 15GB Unlimited
1〜3ヶ月 $35月 $45/月 $60/月
4ヶ月目以降 $25/月 $35/月 $50/月
10ヶ月目以降 $20/月 $30/月 $45/月

AT&Tのプリペイドプラン

2GB 8GB Unlimited
1ヶ月更新 $35月 $50/月 $65/月
クレカ更新* $30/月 $40/月 $55/月
3ヶ月更新** -- $33/月 --
12ヶ月目以降** -- $25/月 --

*クレジットカードで自動支払設定をすると、毎月$5(8GBと12GBプランは$10)のクレジットが貰え、事実上割引になります。 **複数月(3ヶ月か12ヶ月)をプリペイドすると、さらに割引になります。しかし、8GBのプランにしか用意されていないのが残念。