アメリカン節約記

在米邦人のための節約情報

食べるものがない!そんな時にサポートしてくれるフードバンク

フードバンクとは

フードバンク(Food Bank)は、困っている人たちに食料を支給するプログラムだ。USDAによればアメリカでは、3.4億人以上の人々が食料不足に苦しんでいる。特に、パンデミック以降この傾向が加速し、子供のいる家庭や有色人種の世帯でこの傾向が高くなった。米国にはいわゆる「フードスタンプ」をはじめとして、食料品を買うための福祉サポートがいくつかあるが、受給条件を満たさない家庭はフードバンクを利用して、食料を補うことができる。

フードバンクは全米にある。以下のサイトでは自分の住所を入れることで、近くのフードバンクを探すことができる。

U.S. Hunger Relief Organization | Feeding America

カリフォルニアのフードバンク

www.cafoodbanks.org

検索サイトで、「(自分の住んでいる市の名前), food bank」などで検索するのもおすすめだ。

英語のリソースが読みづらい場合は無料で使える翻訳サービスを使おう。

Google Translate

DeepL Translate: The world's most accurate translator

フードバンクでは何がもらえるの?

フードバンクによって違うと思うが、フードバンクでは様々な種類の食べ物をまとめて箱や袋にいれてある。芋、ニンジン、お米、缶詰、豆など、様々な食料がもらえる。中身は微妙に異なり、中身を自分で選ぶことは難しいと思う。

フードバンクに寄付したい場合

買いすぎてしまったパスタや缶詰、お菓子などをみんなが持ち寄り、フードバンクに寄付することが可能だ。学校や企業、また地域では定期的に「フードバンクに寄付するための食糧の寄付」(food drive)を募っている。また現金を寄付することで地元のフードバンクを支えることも可能だ。